おすすめの化粧品や美容液

毎日の紫外線対策にかかせないのオススメのデイリースキンヴェールUV
有名モデルや多くの芸能人が愛用するスキンケアブランドが作った日焼け止めです
SPF35 PA+++なのに肌に優しい処方で、なんと9種類の野菜&フルーツ成分が配合されているので、
美肌にもなれちゃう!デイリースキンヴェールUV

 

お肌に優しいSPF15にこだわり、汗や皮脂に強い、普段使いの紫外線対策BBクリーム
紀香さんも愛用!パーフェクトBBクリーム

紫外線を予防するには


紫外線を予防するために
日焼け止めクリーム等を塗るのと塗らないでは、
お肌の日の焼け方に相当な違いが
出てきてしまいますし、焼け具合だけでなく、
ほとんど日焼けをせずに済む事もあります。

 

お肌を守るクリームは、
どのような成分でできているものでしょう

 

日焼止めは、肌の状態や予防の程度に合わせて
選ぶことができるようになっています。
紫外線を吸収することで肌に
到達しないようにする吸収剤は、多くの日焼け止めクリームに使われています。
肌に届く前に、紫外線吸収剤で有害な部分をカットするという仕組みです。

 

紫外線吸収剤が多く配合されていると、SPF値が上がります。
この日焼け止めクリームをつけて、炎天下の屋外作業の時などは万全な対策を期してください。
ですが、肌への負担もかかります。
普段使いの日焼け止めは、SPF少なめがポイントです。

 

具体的に言うと
日常生活ではSPF15〜30、肌が直ぐ赤くなる色白の方は、SPF20〜30ぐらいがおすすめです。

 

海や山へ行くときはSPF40〜50、数値の高いものは日常使いは控えましょう。

 

紫外線散乱剤がというものも含まれています。
これは紫外線を反射させることで肌への作用をカットし、日焼けでの熱を放熱します。
紫外線散乱剤は塗りムラが生じることもありますが、紫外線吸収剤より肌に優しい成分なのです。

 

ただ欠点としては、水に弱く汗などで落ちやすい傾向がありますのでこまめに塗り直さなければいけませんが、
お肌が刺激に弱い人にはお勧めです。
お肌の弾力を失わないためにも予防効果のあるクリームで対策をしてくださいね。

日焼けした後の対策方法

毎日、日焼け対策に気をつけていても、完全に紫外線を絶つことは難しいですね。
日焼けをしてしまった肌をどのようにケアするかも、考えておきましょう。

 

日焼けにより皮膚が赤くなってしまったとき、皮膚は一種のやけど状態にあります。
ただの日焼けなので病院に行くまでもないような場合でも、自分できちんとスキンケアをする必要があります。
炎症を起こした皮膚は、炎症を抑えるために冷やしましょう。
ヒリヒリ感が消えるまで冷やし続けて、低刺激性の基礎化粧品で水分補給と保湿をします。

 

肌から失われた水分を補充するためにたくさんの化粧水を肌に染み通らせ、
仕上げに乳液や美容液を施します。
赤みが気になる場に、コットンに美容液を含まれて乗せてあげると浸透率が良くなります。
最後に保湿クリームを使用することで、より一層保湿効果を高めることができます。

 

日焼けの症状が一段落し、新しい皮膚が作られてくると古い角質層が3〜4日かけて少しずつ剥かれていきます。
気になって無理に剥がしたくなるかもしれませんが、
無理に剥くと肌に負担をかけてしまい赤くムラになる原因となってしまうので、自然にむけるのを待ちましょう。

 

何回も繰り返して日焼けをしていると、そのうちに新しい皮膚を作るサイクルが乱れ、
細胞の増え方がおかしくなってしまう場合がありますので気をつけてください。
あまり日焼けをしすぎると、肌には悪影響となります。美しい肌を保つためには、
紫外線を浴びないための対策と、日焼けした後の対策を怠らないことが大切です。